弁護士ブログ
ホーム  >  弁護士ブログ  >  民法が変わっていた…

民法が変わっていた…

2017.08.04|吉村 友和

 

平成29年5月26日、ついに「民法の一部を改正する法律」が成立しました。

 

私が司法試験の勉強をしていた頃から民法改正の話はあり、「覚え直さないといけないことが増えるのは嫌だ」とか「条文の位置が変わったら大変だ」と思っていたことがあります。

幸い、条文の位置が大きく変わるようなことはなかったようです。

 

ただ、錯誤が取消しになったり、時効期間の見直しや法定利率の引き下げなど、公務員試験やら各種資格試験で民法を勉強しないといけない人にとっては、覚え直さないといけないことが少なからずあります。

 

受験生向けの問題集も、とくに過去問を解く場合には、手直しが必要となりますね。

 

今回の改正では、債権法が主な範囲ですが、実は最近、六法をパラパラと見直していると、民法733条が改正されていることに気付きました。

 

この条文は、女性の再婚禁止期間を定めたものです。

女性だけに再婚禁止期間を設けるのはどうなんだという議論もあろうかと思いますが、それはさておき、

「女は、前婚の解消又は取消しの日から起算して百日を経過した後でなければ、再婚することができない。」

という今の733条1項。

 「女性は離婚して半年経たないと再婚できない」

法律を知っているかどうかはともかく、このように理解していた方は多いと思います。

それが、100日に短縮されていました。

 

昔読んでいた民法の教科書には、733条は父性の重複を避けるための条文で、前婚の解消の日から100日空ければ父性の重複は回避できるというような既述がありました。

 

(なぜ100日空ければ十分なのかというと、嫡出推定の規定(772条2項)との絡みがあり、説明すると大変長くなりそうなのでこれは別の機会に)

 

ちなみに、女性が前婚の解消の時に懐胎していない場合には、再婚禁止期間の適用はされなくなったというのも大きな変化です(733条2項1号)。

 

法律の改正の情報については敏感にならないといけないと改めて思いました。。

以 上

最新情報

2017.09.19

ゴルフ【№2】

2017.09.11

W杯出場決定!

2017.09.07

スポーツの秋

2017.08.25

刺青、タトウーは医師法違反?

2017.08.22

交通事故(過失相殺)の話【No.5】

過去の記事

2015年12月

2016年1月

2016年2月

2016年3月

2016年4月

2016年5月

2016年6月

2016年7月

2016年8月

2016年9月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

タグ

中井克洋 根石英行 カープと私 交通事故 カープ 松田健 甲斐野正行 吉村友和 民法 中井弁護士 甲斐野弁護士 講演会 高次脳機能障害 交通事故(過失相殺) ゴルフ 交通事故(事故車について)

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png