弁護士ブログ
ホーム  >  弁護士ブログ  >  交通事故(過失相殺)の話【No.4】

交通事故(過失相殺)の話【No.4】

2017.07.19|根石 英行

私が前に韓国に旅行した際,乗っていた車が接触事故を起こしたのですが,運転手さんがすぐにダッシュボードから塗料のスプレー缶を取り出し,衝突位置の印を道路につけていました。聞いてみると韓国では接触事故が多く,その場合に備えてスプレー塗料を持っている車が多いとのことでした。

確かにそうでもないと,衝突した位置を特定することは難しいでしょう。さらに交差点の事故では信号の色が問題になることもありますが,衝突した時間が特定できなければ,信号の色も特定できませんが,衝突時間を正確に記録することも容易ではありません。

ドライブレコーダも事故状況の記録には役立ちますが,速度や衝突時間を正確に記録できるものばかりではありません。衝突した位置や時間ですらそういう問題があるので,発見したときの自車や相手車の位置,速度についてもどこまで正確に再現できるか問題があるのです。

そういうことを考えると,コンマ何秒で事故が避けられなかった,という説明を行うことは容易ではありません。すると裁判官としては,過失相殺の基準に従った処理を行う,ということになってしまいがちです。実際の裁判で,前記の過失相殺の基準と異なる内容を主張することは困難ですし,裁判官としても過失割合の基準を前提に双方に解決を迫る,というのが一般的です。

自分の過失に納得できない,という方は結構多いのですが,裁判所で過失がなかったという認定をしてもらうことは結構難しい,ということを踏まえていただければと思います。

最新情報

2017.09.19

ゴルフ【№2】

2017.09.11

W杯出場決定!

2017.09.07

スポーツの秋

2017.08.25

刺青、タトウーは医師法違反?

2017.08.22

交通事故(過失相殺)の話【No.5】

過去の記事

2015年12月

2016年1月

2016年2月

2016年3月

2016年4月

2016年5月

2016年6月

2016年7月

2016年8月

2016年9月

2016年10月

2016年11月

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

タグ

中井克洋 根石英行 カープと私 交通事故 カープ 松田健 甲斐野正行 吉村友和 民法 中井弁護士 甲斐野弁護士 講演会 高次脳機能障害 交通事故(過失相殺) ゴルフ 交通事故(事故車について)

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png