弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  「裁判手続のIT化 -パート1」

「裁判手続のIT化 -パート1」

2018.09.18|甲斐野 正行

  今年2月2日のブログで、民事裁判の訴状や書面をインターネットで提出できるよう最高裁が検討を始めたという話をとりあげましたが、これがいよいよ本格的な動きとなっており、日弁連や各地の弁護士会も含めて検討が開始されています。

 

 政府の「未来投資戦略2017」の一環として、内閣官房日本経済再生総合事務局に裁判手続等のIT化検討会が発足し、昨年10月から今年3月まで合計8回の検討会が開かれ、今年3月30日に検討結果として、「裁判手続等のIT化に向けた取りまとめ-「3つのe」の実現に向けて-」(以下「取りまとめ」)が公表されています。ご興味のおありの方は、

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/saiban/pdf/report.pdfをご参照ください。

 

 裁判手続のIT化が、何かと使い勝手の悪い日本司法の利便性向上を目的としていることは当然ですが、「取りまとめ」によると、「欧米を中心に裁判手続等のIT化が既に進められてきており、・・・アメリカ、シンガポール、韓国等では、IT化した裁判手続等の運用が広く普及・定着しているほか、ドイツ等でも、近年、IT化の本格的取組が着実に進展している。現に、世界銀行の“Doing Business”(注:世界銀行が毎年発表する、世界190か国を対象とし、事業活動規制に係る10分野を選定し、順位付けしたもの)2017年版では、「裁判手続の自動化(IT化)」に関する項目について、我が国に厳しい評価が示されており、我が国のビジネス環境や国際競争力の観点から見た場合、利用者目線に立った裁判手続のIT化を更に進める必要があるのではないかとの声が高まりつつあった。」ということです。

 つまり、近年の債権法改正や個人情報保護法改正と同様、経済のグローバル化の中で日本の国際的競争力の強化のためのインフラ整備という意味が大きいように思われます。

 

 「取りまとめ」では、現行法の枠を超えて、訴えの提起・申立てからその後の手続に至るまで、基本的に紙媒体の存在を念頭に置かないIT化への抜本的対応が必要とされています。紙媒体をなくすことの実現性はともかく、かなりドラスティックな改革が想定されていて、「3つのe」というキャッチコピーでその内容を表していますので、次回以降、その内容を見ていきたいと思います。

                                                                         以 上

最新情報

2018.12.14

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№3】

2018.12.07

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№2】

2018.11.29

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№1】

2018.11.15

「刺青彫り師・逆転無罪・高裁判決」

2018.11.12

「裁判手続のIT化-パート3」

過去の記事

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 松田健 根石英行 川崎智宏 甲斐野正行 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 Doing Business ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 周南事務所 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 未来投資戦略2017 神奈川県警人工知能AI 裁判手続のIT化 3つのe AI IT化検討会 EU個人情報 「エースをねらえ」 あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 ガキ使  セリーナ・ウィリアムズ選手 ディーン・フジオカ ヌーハラ パーキンソン病 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 交通事故(事故車について) 修繕義務 個人情報保護 債権法 働き方改革 医師応召義務 危険運転致死傷罪 大デュマ 大坂なおみ 巌窟王 差別 広大 Ai導入 強制わいせつ罪 支払義務 改正個人情報保護法2条 東名高速交通事故 根保証 民法611条1項 災害家賃 甲斐野 相撲協会セクハラ 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 衣笠 訴状等ネット提出検討 認知度 賃貸借契約 身元保証 過労死 鉄人 鉄人衣笠 難病 麺すする Ai CT MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png