弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  大阪府堺市のあおり運転での死亡事故― 一審判決・殺人罪を認定

大阪府堺市のあおり運転での死亡事故― 一審判決・殺人罪を認定

2019.01.28|甲斐野 正行

昨年7月2日に大阪府堺市で、車を運転していた男性が、自車を追い抜いたバイクをあおった末に追突し、大学生の男性を死亡させた事件につき、加害男性が殺人罪で大阪地裁堺支部に起訴され、裁判員裁判で審理がされていましたが、2019125日、判決があり、裁判所は、殺人罪を認定し、加害男性を懲役16年に処したとの報道がありました。

この事件は起訴された昨年7月の私のブログで取り上げましたが、高速で走行中に「わざと」追突したのであれば、特に被害者はバイクですから、それ自体被害者が死亡する危険性が極めて高い行為であり、必ず殺すという強固な殺意とまではいえなくても、被害者が死ぬなら死んでも構わないという程度の、いわゆる「未必の殺意」があったということは十分可能です。

とはいえ、追突が「わざと」であるというのは加害男性の主観的な内心であり、外から目に見えるものではありませんから、本人がこれを認めない以上、客観的な行為態様や経緯その他の周辺事情によって証明しなければなりません。あおり運転をしたとしても、「わざと」ぶつかるつもりで運転するとは限りませんし、まして、殺意まであるケースは稀でしょう。そうすると、加害男性が、「ぶつかることまではしないつもりで、あおり運転をしていたが、距離や速度の確認、ハンドル操作を誤ったために追突した」、という言い訳をしたときに、それが常識的にあり得えないと否定しきれるか?

その言い訳は疑わしいとは思うが、常識的にみて、ありはあり、ないとはいえないということなら、「合理的な疑い」が残ることになるので、「わざと」衝突したという認定はできないことになります。

そこで、この事件では、A追突が「わざと」なら「未必の殺意」まで認定できそうだが、B追突が「わざと」であるとまでいえないなら、殺人罪は成立しない、というところで、追突が「わざと」かどうか、がメインの争点となります。

そして、ドライブレコーダーに残された双方の走行状況の録画と、衝突直後に加害男性が「はい、終わり」と言った声の録音が重要な証拠となったようです。

この「はい、終わり」が、どういうつもりでそのように言ったのかにつき、検察官と弁護人の主張が戦わされたようですが、字面の言葉だけでなく、どのような言い方だったのかも重要となるでしょうし、また、客観的な双方の走行状況からみて、どういうつもりで言ったと考えるのが自然か、という観点からの評価も重要でしょう。

結局、裁判所は、この言葉は、衝突することが加害男性の想定内であったことを推認させる、と判断し、(恐らく双方の走行状況と合わせて考えて)衝突自体は故意であったと認定しました。

 

それにしても、この事件は、ドライブレコーダーがなければ、「わざと」ぶつかったかどうかを裏付ける客観的な状況自体が明らかにできませんから、殺人罪での立件・起訴自体無理だったでしょう。ドライブレコーダーは、通常の自動車事故レベルでも安全対策や立証方法として既に重要なものとして認識され始め、バス事業者など一部義務化の動きも出ていますが、今回のようなケースをみると、あおり運転対策としても、極めて重要なものといえます。相変わらずあおり運転によるトラブルが後を絶たないことからすると、義務化もやむなしといえるかもしれません。

最新情報

2020.09.17

「パワハラとタカラヅカ」

2020.08.25

「裁判所と法服とエアコン」

2020.08.19

「逮捕状など刑事手続もIT化」

2020.07.16

「マツダスタジアム有観客試合開始 しょっぱい試合と観戦マナー(-_-;)」

2020.07.09

「改正相続法施行⑥ 遺言書保管制度」

過去の記事

2018年12月

2019年1月

2019年2月

2019年3月

2019年4月

2019年5月

2019年6月

2019年7月

2019年8月

2019年9月

2019年10月

2019年11月

2019年12月

2020年1月

2020年2月

2020年3月

2020年4月

2020年5月

2020年6月

2020年7月

2020年8月

2020年9月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 根石英行 松田健 川崎智宏 甲斐野正行 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 うちの女 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 Doing Business ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 危険運転致死傷罪で有罪判決 周南事務所 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 未来投資戦略2017 東名高速のあおり運転での死傷事故 神奈川県警人工知能AI 裁判手続のIT化 3つのe AI IT化検討会 EU個人情報 KADOKAWA 「エースをねらえ」 あおり運転死亡事故 かわいがり はい、終わり インディアンスロゴ廃止 カープ優勝 ガキ使  セリーナ・ウィリアムズ選手 ディーン・フジオカ ドライブレコーダー ヌーハラ バイクあおり事故 パーキンソン病 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 世界の終わりに柴犬と 交通事故(事故車について) 修繕義務 個人情報保護 債権法 働き方改革 僧衣を着て車を運転 加害男性を懲役16年 医師応召義務 危険運転致死傷罪 大デュマ 大坂なおみ 巌窟王 差別 広大 Ai導入 強制わいせつ罪 支払義務 改正個人情報保護法2条 東名高速交通事故 根保証 民法611条1項 災害家賃 甲斐野 相撲協会セクハラ 石原雄 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 衣笠 訴状等ネット提出検討 認知度 賃貸借契約 身元保証 運転操作に支障がある衣服 過労死 鉄人 鉄人衣笠 難病 麺すする 3連覇 4コマ漫画 Ai CT JKと柴犬のハルさん MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png