弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  「河井案里さん辞職! 議員報酬は?パート2」

「河井案里さん辞職! 議員報酬は?パート2」

2021.02.05|甲斐野 正行


 先月21日に公職選挙法違反(買収・事前運動)事件で有罪判決を受けた河井案里参議院議員が今月3日に辞職届を参議院に提出し本会議で許可されて同日付で辞職しましたが、河井案里さんは2019年7月の当選後、参議院に僅かな日数しか登庁しておらず、逮捕勾留されていたこともあって、実質上議員活動をしたとは思われないにも関わらず多額の議員報酬(諸手当も含めて、逮捕後だけでも2千万円超ということです)が支給されていました。

 

 これについては非常に納得がいかない話で、批判が集まっており、国会でも先頃取り上げられていました。

 

 これは現行制度の欠陥といわざるを得ません。

 

 現行の国会法では、議員が被選挙権を失ったときは「退職者」になると規定されており(同法109条)、公選法違反有罪判決確定により被選挙権を失った場合も「退職者」として扱われることになります。

 

 そして、国会議員報酬について定める歳費法は 

「第4条 議長、副議長及び議員が、任期満限、辞職、退職又は除名の場合には、その日までの歳費を受ける。

2 議長、副議長及び議員が死亡した場合には、その当月分までの歳費を受ける。」

「第5条 衆議院が解散されたときは、衆議院の議長、副議長及び議員は、解散された当月分までの歳費を受ける。」

と定め、文書通信交通滞在費、期末手当についても同旨の規定(同法11条、11条の2)を定めていますが、ここに挙げた任期満限、辞職、退職、除名、死亡、衆議院の解散の場合以外に、議会への出席の有無や議員としての活動内容等により歳費等を支給しない場合を定めていませんし、在職中一定の事由があるときに支給停止ができることも定めていません。

 

 そのため、仮に逮捕勾留されて出席していなくても、議員としての活動状況に見るべきものがない場合でも「退職」の日までは歳費等は支給されるというのが公的な解釈かと思われます。

 

 実質的にも、勤務時間や超過勤務手当等がなく,また国会外での活動(銀座への同伴は除く)も多いなど、その勤務態様が一様でない国会議員の職務の特殊性からすれば,具体的な勤務の対価としての報酬というのは相関関係が分かりにくく、評価も困難という面があるでしょうし、更に逮捕勾留された場合は、有罪判決が確定するまでは無罪推定が働くことから、その間は逮捕勾留されて議会に出席していないことを理由に不利益に扱うわけにはいかない、というのも理由にされることがあります。

 

 地方議員の場合も同様で、地方自治法は、地方議員報酬について「普通地方公共団体は,その議会の議員に対し,議員報酬を支給しなければならない。」(同法203条1項),地方議員の期末手当について「普通地方公共団体は,条例で,その議会の議員に対し,期末手当を支給することができる。」(同条3項)とそれぞれ規定した上で,地方議員報酬等について「議員報酬,費用弁償及び期末手当の額並びにその支給方法は,条例でこれを定めなければならない。」(同条4項)と規定するにとどめています。

 

 そして、条例では、国会議員の報酬について定める歳費法にならって、地方議員が,任期満了,辞職,退職,失職,除名,地方議会の解散又は死亡によりその職を離れた場合以外に,議員報酬等を支給しない場合は定められていないケースが多く、支給停止についても定められていないことが多かったのです。

 

 そのため、そうした条例しか持たない地方自治体では、地方議員が逮捕勾留されて、その間議員活動ができなかったとしても、議員報酬は変わらず支給されています。

 これに対して違法な公金支出だとして返還を求めたりする裁判が提起されることもあるのですが、海外で身柄拘束された地方議員への報酬支給について、条例で任期満了,辞職,退職,失職,除名,議会の解散又は死亡によりその職を離れた場合以外に,議員に対して議員報酬等の支給をしない場合が定められていないときは,その支給は違法ではないとする判決が出ています(名古屋地判平成27年9月17日)。

 

 もっとも、逆にいえば、条例で、地方議員報酬を支給しない事由や支給を一時停止できることを定めれば、こうした不合理を回避することも可能と考えられ、そのため、地方自治体によっては、刑事責任を問われた地方議員らに対する報酬支給の停止手続や返還に関する規定を条例の中に設けているところが近時増えているようです。

 

 なお、裁判例の中には、当選人自身による買収罪の場合を定めた公職選挙法251条は,「当選人がその選挙に関しこの章に掲げる罪・・・を犯し刑に処せられたときは,その当選人の当選は無効とする。」とし,何らの留保なく,当選が「無効」になることを規定してていること等から、「公職選挙法251条による当選無効の場合には,遡及的に当選の効果が失われ,当該議員は,初めから議員としての地位を取得しなかったことになるものと解され」,公職選挙法251条により当選が無効とされ初めから議員としての身分を取得しないものとされた議員が,議員報酬及び期末手当を取得する法律上の根拠はない」としたうえ、「被控訴人が,新任期中に「議員活動」を行い,これによりY市に利益をもたらしたことがあるとは到底認められず,「当選無効により失職した議員が提供した勤務と地方公共団体が支給した報酬その他の給付は,一般的には均衡している」との被控訴人の立論は,本件における被控訴人の新任期中の勤務と本件報酬等との関係には,その基本において全然当てはまらないといわざるを得ない。したがって,被控訴人は,対価となるべき「議員活動」を行わず,何ら議員としての資格を有しないのに本件報酬等の支給を受けたものであり,これを要するに,被控訴人が支払を受けた本件報酬等は,法律上の原因なくして利得したものといわざるを得ない。」として、元地方議員に不当利得として123万円余りの返還を命じたものがあります(東京高判平成13年11月28日)。

 

 この判決は、当選無効の効果が当選時に遡って生じるとするところが肝で、気持ちとしてはよく分かりますし、理論構成も苦心しているのですが、当選後に現実に議員として存在し、また、何らかの活動もしており、それに基づいていろいろな事象が生じていることからすると、その解釈自体疑問もあり、一般的に通用するかどうかですね。

 

 これはやはり立法府が立法的に解決するのが本筋の問題であり、しかも、ずっと昔から指摘されていた問題ですので、本当は国会自体が先んじて、立法的にこうした不合理に対処すべきなのですが、地方にも後れをとっている状況で情けない話です。

 

 また、それなら議員報酬を自主返納せよ、という話もあり、現実的には自主返納させたほうが事後的な調整や処理が容易になりますし、例えば議員が公選法違反で起訴されたような場合は、議員報酬の自主返納ができたほうが有利な情状として使えますので、議員自身にもメリットがあるのですが、自主返納は公職にある者等の寄付を罰則をもって禁止した公選法199条の2との関係で現行法のままでは限界があると考えられています。

 何で自主返納が寄付なのか?と疑問に思われるでしょうが、ここでの寄付とは、選挙の公正を守るために、金銭その他財産上の利益の供与、交付で、かつ、債務の履行としてなされるもの以外をいうというように広めに定義されています(公選法170条2項)。

 議員報酬の支払自体が法的根拠がなく、貰った議員が不当利得としてこれを返すべき債務を負うのであれば、自主返納は債務の履行ではなく、したがって、公選法上の「寄付」にはならないのですが、議員報酬の支払自体に法的根拠があり違法ではないという前提に立つと、その返納は債務の履行ではありませんから、理屈上は公選法上の「寄付」に当たってしまうわけです。

 2019年に参議院議員の定数を増やしたときに、それにより増加する経費の節約を目的として、令和4年7月末までは参議院議員が支給を受けた歳費の一部に相当する額を国庫に返納する場合には、当該返納による国庫への寄附については、公選法199条の2は適用しないという改正がされていますので、一定の場合の自主返納に公選法199条の2を適用しないとする手当はそれほど困難ではないと思うのですが、これも手がつけられていません。もちろん、自主返納は二次的・三次的な問題で、議員本人に返納を強制できず、その自主的判断に任されてしまいますので、根本的な解決にはなりませんけどね。

 

 なお、河井さんが失職ではなく辞任となると、退職金はどうなるのか?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、国会議員や地方議員には現時点では退職金はありません(安倍さんが昨年総理大臣を辞められたときに退職金として900万円足らずが出たと聞いていますが、これは議員としてのものではありません、大臣や地方の首長には、議員としてではなく、特別職の国家公務員・地方公務員としての退職金がありますので、混同なさいませんように)。

 国会法36条で「議員は、別に定めるところにより、退職金を受けることができる」とされ、かつてはこの規定を元にした議員年金制度として、国会議員を対象とした「国会議員互助年金」と、地方議員を対象とした「地方議会議員年金」の2種類があり、国会議員は10年以上、地方議員は12年以上在職していると65歳から国民年金にプラスして支給されていたのですが、特別扱いとの批判を受けて、国会議員互助年金は2006年に、地方議会議員年金は2011年に廃止されました。議員さんからは復活させたいという声もあるようですが、ともかく現時点ではありませんし、河井案里さんは政府の役職にも就いていませんでしたから、いずれにしても退職金はないことになります。

          
以 上

最新情報

2021.02.25

「梅 道真忌 リモートの花見 リモート法律相談」

2021.02.15

「福島県沖の地震お見舞い」

2021.02.10

「森さんの失言 建国記念の日 津田真道 女性権論」

2021.02.05

「河井案里さん辞職! 議員報酬は?パート2」

2021.02.04

「河井案里さん辞職! 議員報酬は?パート1」

過去の記事

2019年12月

2020年1月

2020年2月

2020年3月

2020年4月

2020年5月

2020年6月

2020年7月

2020年8月

2020年9月

2020年10月

2020年11月

2020年12月

2021年1月

2021年2月

タグ

中井克洋 甲斐野正行 勉強会 根石英行 吉村友和 松田健 川崎智宏 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 働き方改革 新型コロナ カスハラ パワハラ 甲斐野弁護士 セクハラ 悪質クレーム タトウー 令和 改正債権法 配偶者居住権 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 Microsoft Teams NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 うちの女 中井弁護士 小室不倫 小室引退 悪質フレーム 新潟・山形地震 法定利率 節分 講演会 配偶者短期居住権 Doing Business IT IT化 IT裁判 イータック ディープラーニング ドラフト会議 ドーハで行われた世界陸上の女子マラソン ヌーハラ フェーズ1 モバゲー モバゲー規約、一部差し止め 中間利息控除 交通事故(過失相殺) 人工知能 刑事手続 刑事手続のオンライン化 北海道神宮 匿名加工情報 危険運転致死傷罪で有罪判決 厄年 同一労働同一賃金 周南事務所 啓蟄 天満屋女子陸上部所属の谷本観月選手 定型約款 岡崎神社 差止請求制度 市川海老蔵 広島地裁 急性咽頭炎 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 抗菌化スプレー 支配下 改定債権法 改正債権法施行 改正民法548条の2第2項 改正消費者契約法 改正相続法施行 暖冬 有期労働者法 未来投資戦略2017 東名高速のあおり運転での死傷事故 桜を見る会 歌舞伎座『七月大歌舞伎』 沢尻エリカ 沢尻エリカさんが合成麻薬所持の容疑で逮捕 河井案里さん 消費者団体訴訟制度 消費者契約法 甲斐野正行 IT裁判 IT 百日裁判 相続法制の見直し 神奈川県警人工知能AI 福井県の公安委員会 福井県道交法施行細則の規定に違反 細則16条3号 細則の合憲性 線維筋痛症 縮景園 罪刑法定主義・明確性の原則 育成枠 裁判手続のIT化 裁判手続のIT化 連座制 運転操作時の服装 適格消費者団体 阪神淡路大震災 陰謀史観 預貯金払戻制度 124年ぶりに2月2日 3つのe 3つのe AI DeNA IT化検討会 EU個人情報 KADOKAWA NBAのドラフト会議 SNS上の誹謗中傷 「エースをねらえ」 「令和」を商標登録 あおり運転死亡事故 かわいがり はい、終わり アナウンサー アヲハタ インディアンスロゴ廃止 インフルエンザ カープ優勝 ガキ使  コロナウイルス コロナ感染 コンプライアンス ゴンザガ大学 サクラ セリーナ・ウィリアムズ選手 タカラヅカ テラスハウス テラハ ディーン・フジオカ ドライブレコーダー ドラフト ノーベル化学賞 ハコヅメ~交番女子の逆襲 バイクあおり事故 パワハラ防止法 パーキンソン病 プロバイダ責任制限法 ホンマでっか!?TV マスク マスク着用 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- リクルートキャリア リチウムイオン電池 レディー・ガガ ロッテ ワシントン・ウィザーズ 上級国民 世界の終わりに柴犬と 予科生 二岡康平選手 交通事故(事故車について) 佐々木朗希投手 修繕義務 修道学園 修道学園OB 個人情報保護 個人情報保護法 債権法 僧衣を着て車を運転 入城400年記念 広島浅野家の至宝 ―よみがえる大名文化― 八木亜希子 八村塁選手 公職選挙法違反 公職選挙法違反(買収)罪 公選法違反 刑集 加害男性を懲役16年 医師応召義務 危険運転致死傷罪 参議院広島県選挙区 右腓骨筋腱腱鞘形成術 吉野彰 唐獅子源氏物語 商号 商標審査基準 商標法3条1項6号 商標登録 埼玉県人にはそこらへんの草でも喰わせておけ! 夏の甲子園岩手県大会 大デュマ 大坂なおみ 大瀬良投手 大船渡高校 天満屋女子陸上部 宝塚歌劇団 小林信彦さん 山縣亮太選手 巌窟王 差別 常磐自動車道で発生したあおり運転殴打事件 平成 広大 Ai導入 広島修道大学第55回同窓大会 広島大学大学院 医歯薬保健学研究院の二川浩樹教授 広島新庄高校 広島東洋カープ 広島県立美術館 強制わいせつ罪 恵方巻 感染症対策 慢性疾患 所有者不明土地問題 支払義務 改正個人情報保護法2条 攻殻機動隊 文部科学大臣表彰 旧パートタイム労働法 旧労働契約法20条 昭和 最速163キロの速球 最高裁判所裁判集民事 朝日新聞 木村花さん 本科生 札幌地裁エイズウイルス(HIV)感染 東京オリンピックのマラソン日本代表選考会 東京高裁昭和39年6月29日判決 東名高速交通事故 東須磨小学校の教師間のパワハラ 根保証 正絹 毎日新聞 民事裁判手続のIT化 民法及び不動産登記法の改正について 民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律 民法611条1項 民集 池袋暴走事件 河井 法務局における遺言書の保管等に関する法律 法律事務所 法改正 法服 泰三子 溝手 激辛カレーパワハラ 災害家賃 甲斐野 甲斐野正行  疫病退散 発信者情報開示請求 相撲協会セクハラ 石原雄 福井県警 福井県道路交通法施行細則の服装規定 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 経過措置 緒方監督パワハラ 繰り上げ当選 翔んで埼玉 自筆証書遺言にかかる遺言書保管制度 萩生田大臣の「身の丈」発言 行動ログ 衣服規制削除 衣笠 裁判官の制服に関する規則 訴状等ネット提出検討 認知度 議員報酬 谷本観月選手 賃貸借契約 身元保証 遅延損害金 運転操作に支障がある衣服 過労死 遺留分の見直し 遺言 遺言書保管制度 避難所の環境改善 鈴木誠也選手 鉄人 鉄人衣笠 難病 難病指定 飯塚幸三元院長 麺すする 麻美麗 3連覇 4コマ漫画 Ai CT JKと柴犬のハルさん MGC出場資格 MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 将来の異質利益 弾頭 根石 行事セクハラ Mobage

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
【広島事務所】
 〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
 NTTクレド白島ビル8F
 ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
 受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00

【周南事務所】
 〒745-0005
 山口県周南市児玉町2丁目5番1号
 三星兒玉ハイツ1-D
 ico_tel.png 0834-34-1645 ico_fax.png 0834-34-1646
 受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00

※オンライン相談にも対応しております。
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png