弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  「特殊詐欺~被害者の心を深く傷つける犯罪~⑤」

「特殊詐欺~被害者の心を深く傷つける犯罪~⑤」

2018.10.01|中井 克洋

ところで、特殊詐欺に使われる犯罪ツールは固定電話の転送システムと私設私書箱です。

以前、ヤミ金の事件で携帯電話の本人確認が不十分なことを利用されて犯罪ツールとしてかなり利用されましたが、その後、携帯電話不正利用防止法によって本人確認が厳しくなって、携帯電話で直接電話してくる手口は少なくなりました。

それに代わって、携帯電話でいったん固定電話に電話をかけて、それを何回も転送させて、携帯電話からかけていることをわからないようにしているようです。しかも固定電話の転送システムはいろいろ複雑なところがあって、最初の携帯電話のところまでたどりついて、その名義人をつきとめるのが容易ではありません。そのため残念ながら、現在、特殊詐欺は犯人たち、特に「首魁」や「架け子」にとってはローリスクになっているようです。

特殊詐欺を防止するためには、犯人たちにとってハイリスクなものにしなければなりません。ハイリスクとは、犯人が捕まりやすく、捕まえたときには厳罰を与えることを意味しますが、そのためには固定電話や携帯電話の利用者がすぐにわかるようにすることが必要です。現在、総務省において、その検討が行われています。

 

次に、私設私書箱もかなり特殊詐欺に悪用されていることが判明しています。
 被害者が銀行でお金を振り込むときに振込金額が制限されていることや、銀行窓口での積極的な注意が行われるので、最近は、現金やプリペイドカードを宅急便や郵便により送らせるという手口が多いようです。その送付先として利用されるのが私設私書箱です。

アメリカでは送付先として、私設私書箱であることが明示されなければ、郵便物や宅急便が配達されないようになっているようですが、日本ではその明示は不要とされています。そのため本当は私設私書箱しかないのに、宛先が会社名で住所も東京の住所であれば、まともな会社がそこにあるのだろうと誤解してしまいます。したがって、この私設私書箱に対する規制も考えなければなりません。

警察、銀行、コンビニ、宅配業者などみんなが特殊詐欺をふせぐためにかなりの対策を講じてきましたが、それでも毎年400億円前後の被害が出ていることからすると、さらに踏み込んだ対策が必要なのです。

 

さらに防止だけでなく、犯罪で取られたお金を取り返すことも本当に必要です。犯人をつかまえれば少しでも刑を軽くしたいと思って被害弁償してくることもあります。被害弁償しない犯人たちについてはどこかに財産を隠している可能性が高いので、出所後の行動をつかむようにできる制度も必要かもしれません。

 

私は日弁連民暴委員会に所属しており、同委員会ではこの10月4日に青森市で開催される日弁連人権擁護大会シンポジウム第2分科会において、「組織犯罪からの被害回復~特殊詐欺事犯の違法収益を被害者の手に」をテーマとして、特殊詐欺の手口と現状の対策を整理したうえで、現状の対策では不十分なところがあれば可能であれば提言をする予定です。

https://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/event/jinken_taikai/gyoji_jinken2018.html

10月4日のシンポジウムはどなたでも参加可能ですので、可能な方はぜひ、いらっしゃってください。

                                                                                                  以 上

最新情報

2018.10.18

日本人の9割がやっている残念な習慣

2018.10.05

「裁判手続のIT化-パート2」

2018.10.04

「うちの女」

2018.10.01

「特殊詐欺~被害者の心を深く傷つける犯罪~⑤」

2018.09.27

「カープ3連覇!」

過去の記事

2016年12月

2017年1月

2017年2月

2017年3月

2017年4月

2017年5月

2017年6月

2017年7月

2017年8月

2017年9月

2017年10月

2017年11月

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 松田健 根石英行 川崎智宏 甲斐野正行 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 Doing Business ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 周南事務所 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 未来投資戦略2017 神奈川県警人工知能AI 裁判手続のIT化 3つのe AI IT化検討会 EU個人情報 「エースをねらえ」 あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 カープ優勝 ガキ使  セリーナ・ウィリアムズ選手 ディーン・フジオカ ヌーハラ パーキンソン病 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 交通事故(事故車について) 修繕義務 個人情報保護 債権法 働き方改革 医師応召義務 危険運転致死傷罪 大デュマ 大坂なおみ 巌窟王 差別 広大 Ai導入 強制わいせつ罪 支払義務 改正個人情報保護法2条 東名高速交通事故 根保証 民法611条1項 災害家賃 甲斐野 相撲協会セクハラ 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 衣笠 訴状等ネット提出検討 認知度 賃貸借契約 身元保証 過労死 鉄人 鉄人衣笠 難病 麺すする 3連覇 Ai CT MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png