弁護士ブログ
ホーム  >  広島市・山口県周南市の弁護士ブログ  >  「裁判手続のIT化-パート3」

「裁判手続のIT化-パート3」

2018.11.12|甲斐野 正行

  パート1・2でみましたように、政府の「未来投資戦略2017」の一環として、内閣官房日本経済再生総合事務局に裁判手続等のIT化検討会が発足し、今年3月30日に検討結果として、「裁判手続等のIT化に向けた取りまとめ-「3つのe」の実現に向けて-」(以下「取りまとめ」)が公表されましたが、この「3つのe」とは、

①「e提出(e‐filing)」

②「e事件管理eCase Management)」

③「e法廷eCourt)」

とされています。

 

 前回は①の「e提出」でしたが、今回は、②の「e事件管理」です。

 取りまとめによれば、「利用者目線から見ると、e事件管理(e-Case Management)の実現として、裁判所が管理する事件記録や事件情報につき、訴訟当事者本人及び訴訟代理人の双方が、随時かつ容易に、訴状、答弁書その他の準備書面や証拠等の電子情報にオンラインでアクセスすることが可能となり、期日の進捗状況等も確認できる仕組みが構築されることが望ましい。これにより、裁判手続の透明性も高まるし、当事者本人や代理人が紙媒体の訴訟記録を自ら持参・保管等する負担から解放される効果も期待できる。」とお題目が述べられています。

 事件管理は、e提出と裏表といえ、オンラインで訴訟資料をやりとりするなら、オンラインで事件管理をすることも当然とはいえます。

 イメージとしては、概要、

・ 訴訟当事者が、随時かつ容易に、訴状・答弁書その他準備書面や証拠等の訴訟記録の電子情報にオンラインでアクセスし、期日の進捗状況等も確認できる仕組み。

・ オンラインで提出した訴状が裁判所で受理された旨を確実かつ容易に確認できる仕組み。

・ 当事者双方と裁判所がオンラインで期日の予定等を含む進行予定を調整していくような仕組み。

・ 争点整理期日で確認された進行計画やプロセスをオンラインで容易に確認し共有できる仕組み。

・ 人証調べの予定や結果、口頭弁論期日、判決言渡し期日等の情報について、訴訟当事者が容易かつ随時に確認できる仕組み。

といったところです。

 

 実感として、そういう仕組みやツールがあれば便利かも、とは思うのですが、そういう仕組みやツールができればできたで、悩みも出てきそうです。

 直感的には、裁判の公開との関係でしょう。

 裁判の公開は憲法上の要請で、具体的には、法廷での裁判の公開と、訴訟記録を第三者でも原則的に閲覧できることです。

 第三者でも訴訟記録を見ることができるというのは、もしかしたらご存じない方も多いかもしれませんし、ちょっと怖いと思われる方もいらっしゃるでしょう。

 裁判を公開することで、裁判所、ひいては司法がきちんとしていることを国民がチェックできるようにするわけですが、裁判は、関係者のプライバシーにも関わりますから、裁判の公開との関係では、関係者のプライバシーも犠牲になるということです。

 もちろん、第三者が訴訟記録を閲覧しようとすれば、現状では、わざわざ裁判所に出向いて、アナログ的に申請しなければならず、いつでも好きなように見ることができるわけではありません。膨大な数の訴訟事件がありますから、第三者の立場からわざわざ他人の訴訟記録を見るといっても、よほどの大事件か、有名人の事件くらいなものでしょう。そういう意味では、現在はそれほどプライバシーの侵害を恐れる必要は高くないといえます。しかし、これがオンラインでアクセスできるということになると、そうは言っていられなくなるでしょう。自分が関与した訴訟の記録が誰でもオンラインで見られるとなると、怖くなって、裁判を起こしたり、裁判員や証人として協力したり、ということは避けたい、という人が出てきても不思議ではありません。

 このあたりは、欧米、特に、法廷での証人尋問がTV中継されるアメリカとは感覚的に大きく異なるかもしれません。アメリカは、歴史的に司法への不信が強いため、裁判への参加や公開がかなり突っ走っているところがあります。アメリカでは、当事者に限らず、一般人でも、連邦裁判所に係属する事件記録がすべて閲覧・ダウンロードできるそうです。

 

 そういうこともあって、我が国での訴訟記録のオンライン閲覧については、ちょっと慎重な検討が必要といえ、「取りまとめ」でも、

・ 訴訟記録である電子情報に直接アクセスできるのは、訴訟当事者本人とその代理人又は関係者に限るのが相当。

・ 第三者の閲覧等の当否は、訴訟記録の閲覧・謄写制度との関係も含めて今後の丁寧な検討が必要。

という意見が付されています。

 

 ただ、閲覧を訴訟当事者に限定したとしても、一旦電子情報となったものは、うっかりミスで漏出したり、訴訟当事者(関係者)がわざと漏洩させることもあり得ます(ちなみに、当事者には、閲覧だけでなく、謄写権もありますから、電子記録としてコピーが許される可能性があります。)、そうなったときは取り返しがつかないことになりかねません。

 個人的には、ちょっと及び腰になってしまいますが、杞憂でしょうかね。

                                                                         以 上

最新情報

2018.12.14

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№3】

2018.12.07

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№2】

2018.11.29

相続法の改正(自筆証書遺言制度)について【№1】

2018.11.15

「刺青彫り師・逆転無罪・高裁判決」

2018.11.12

「裁判手続のIT化-パート3」

過去の記事

2017年12月

2018年1月

2018年2月

2018年3月

2018年4月

2018年5月

2018年6月

2018年7月

2018年8月

2018年9月

2018年10月

2018年11月

2018年12月

タグ

中井克洋 勉強会 吉村友和 松田健 根石英行 川崎智宏 甲斐野正行 カープと私 交通事故 民法 カープ ゴルフ 甲斐野弁護士 タトウー 高次脳機能障害 KEIKO 高次脳機能障害 NHK受信契約 NHK受信料 NHK裁判 うちの女 中井弁護士 小室不倫 小室引退 講演会 Doing Business ディープラーニング 交通事故(過失相殺) 人工知能 匿名加工情報 周南事務所 成年後見仕事 成年後見制度 成年後見欠格条項 未来投資戦略2017 神奈川県警人工知能AI 裁判手続のIT化 3つのe AI IT化検討会 EU個人情報 「エースをねらえ」 あおり運転死亡事故 かわいがり インディアンスロゴ廃止 カープ優勝 ガキ使  セリーナ・ウィリアムズ選手 ディーン・フジオカ ヌーハラ パーキンソン病 モンテ・クリスト伯 モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐- 交通事故(事故車について) 修繕義務 個人情報保護 債権法 働き方改革 医師応召義務 危険運転致死傷罪 大デュマ 大坂なおみ 巌窟王 差別 広大 Ai導入 強制わいせつ罪 支払義務 改正個人情報保護法2条 東名高速交通事故 根保証 民法611条1項 災害家賃 甲斐野 相撲協会セクハラ 立行事セクハラ 立行司懲戒処分 線維筋痛症 衣笠 訴状等ネット提出検討 認知度 賃貸借契約 身元保証 過労死 鉄人 鉄人衣笠 難病 麺すする 3連覇 Ai CT MRI NHK受信料判決 NHK合憲 NHK裁判判決 行事セクハラ

弁護士法人
広島メープル法律事務所
HIROSHIMA MAPLE LAW OFFICE
side_pic_access01.jpg side_pic_access02.jpg
〒730-0004 広島市中区東白島町14-15
NTTクレド白島ビル8F
ico_tel.png 082-223-4478 ico_fax.png 082-223-0747
【受付時間】月〜金曜 9:00〜17:30
side_bnr01.jpg side_bnr02.jpg side_bnr03.jpg side_bnr04.jpg side_img_soudan.png side_btn_recruit.png